佐倉商工会議所
 

■外国人の不法就労防止にご協力を!

ルールを守って適正な雇用を!   → 事業所のみなさまへ

★ 外国人の不法就労が問題になっています。
 「短期滞在」等の在留資格での労働や不法滞在者の労働など、法的に認められない不法就労が問題になっています。外国人の不法就労は、労働面だけでなく風俗や治安などの分野にわたって様々な問題を引き起こしています。
 また、不法就労している外国人も、搾取されたり、労働災害に遭っても十分な救済を受けられないなど、人権上不利益を被ることがあります。より良い国際交流の推進と社会の健全な発展を図るため、この間題について正しく理解して、外国人の不法就労をなくしましょう。

★ 雇用できない外国人を雇うことは犯罪です。
 ◆雇用できない外国人とは
○ 不法入国者、不法上陸者、不法残留者
○ 在留資格が、短期滞在・文化活動・留学・就学・研修・家族滞在の外国人(注:前記資格者で資格外活動許可書がある場合は除く。)
 ◆雇用できない外国人を雇うと
◎ 雇用できない外国人を
  ○「事業活動に関し、働かせた場合」
  ○「働かせるため、支配下に置いた場合」
  ○「職を斡旋した場合」
 には不法就労助長罪(3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金)として罰せられます。
◎ 外国人を雇用する場合は、パスポートや外国人登録証明書で在留資格及び在留期限を良く確認してください。

★ 今後も取り締まりをより一層強化していきます。

  問い合わせ 佐倉警察署 TEL O43−484−0110

Copyright(C) Sakura Chamber of Commerce and Industry All Right Reserved